縫った後は抜糸のみ

7月 26, 2007 11:20 pm | カテゴリー: Canada | 2件のコメント

 庭仕事で2針(か3針)を縫う怪我を負ってしまった私…
医者に言われた事は、当日の風呂は辞める事、一週間後に抜糸に来る事の二点だった。

 風呂…これは正確に言うとシャワーを浴びてもいいかと聞いたのだが、24時間は駄目だと言われた。そして、濡れたバンドエイドは換える事というもの。こういう場合、普通なら抜糸が済むまで傷口は濡らさないというのが常識だろう。自信たっぷりに24時間はイカンって言われても、私にはたったそれだけでいいの?という感じだ。
 
 そして抜糸まで何もしないというのにも驚いた。傷口に当てたガーゼ- 今回の場合は単なるバンドエイドだが- は毎日交換し、その時に消毒する。それが常識だ。ところが風呂は翌日からOK、しかも抜糸まで何もしない。風呂の後、バンドエイドを自分で交換するだけだ。
 
 日本ならまず、怪我をした時は破傷風を心配し、縫われた後は化膿止めを飲む。飲んでも化膿することがあるのが日本の気候だ。実際、夏に怪我をした時…あれは小学生の頃だったが、場所が唇を中心とした顔だったのでそれはひどい目に遭った。化膿して唇が腫れ上がり、牛乳もストローで飲まなければならなかったっけ。あの時、食事はどうしていたのだろう…その記憶は飛んでいる。
 
 ヒザやヒジなど、動くと引っ張られるような場所ではなかったこともあり、縫った直後からがんがん歩く事も問題なし。ジメジメしていないから傷の治りも早いのだろう。日本では当たり前である化膿の心配もいらない。何だかあっけなくて、これでいいのか不安になるが…
 
 これでいいのだ。

広告

2件のコメント »

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

  1. ひゃ~、前の日記から読んだんですが
    大丈夫ですか???
    痛そう・・・。

    私は帝王切開だったんですが、
    その時も一度も消毒はしてもらえず
    自分で持っていった消毒液とAntibiotic Ointment
    (出産の前に薬局で買っておきました、もしものために)
    を自分で塗ってました。

    傷口は綺麗にひっついたけれど・・・
    日本とは術後の処置がずいぶん違いますよね。

    お大事にして下さいね。

  2. 全然OKッス
    と言うか、怪我した状況がなんとも情けない(苦笑)
    自分で自分の足に突き刺したっちゅーのは…

    いやぁ、でも血が止まらないのには焦りました
    さっき抜糸してきましたんで、これにて一件落着です


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.
Entriesコメント feeds.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。