自分への土産~ Part2 cigar

4月 7, 200711:53 pm | カテゴリー: Canada, Cigar | コメントをどうぞ

 カナダ再入国の際、免税で持ち込めるtobaccoの本数は…cigarを50本、cigarilloを50本、cigaretteを200本…この中から一つを選ぶ。そしてこれ以外には200gのtobacco製品を持ち込める。今回は2人で再入国することになるからこの倍、である。こんな機会はそう滅多にあるものではなく、200g枠を別にすれば、100本のcigarは外せないということになり…
 
 さて、どれをどんなバランスで買うかという、これまた楽しい悩みになる。出番の多い物、前から欲しかった物、ここぞと言う時に吸いたい物、長期熟成を考えたい物…いろいろな想いが頭の中を駆け巡ることになるがしかし、ここには予算というものが関わってくるから脳みそはフル回転。
 
 結局選んだのは以下の4箱である。
 
– Cohiba SigloⅠ
Cohibaというブランドの神髄はLancerosやEsprendidosにあると思う、それは確かだ。中にはSigloシリーズなんてCohibaじゃないという人もいるぐらいなのだ。しかしこの小さなVitora(サイズ)にもその精神が詰まっていると私は思っている、意外とCohibaらしいじゃないかと。

– Bolivar Coronas Junior
cigarを始めて日が浅い私は、敢えてBolivarというブランドは避けてきた。あまり手を広げてしまってもいけないかな、と。少ないBolivar経験の中ではPetit Coronasがお気に入りだったが、どうも私はこのぐらいのサイズが好きなのだな。以前から気になっていたということもあり、更に短いこれを今回は手に入れた。

– Vegas Robaina Famosos
御歳88才にして今もなお、日に4、5本のcigarを楽しんでいると言うAlejandro Robaina翁のブランド。現代においてRobustoというサイズはある意味スタンダードサイズになりつつある。というのは、太くて煙量が豊かなため短い時間でも満足感が味わえる…つまり忙しい現代人にとってもってこいのサイズというわけだ。もっともその反面変化に乏しいという欠点もあるのだが…それはさておき、変化という項目を除き、味わいと香りという項目に絞ると、私の中ではこのFamososがベストRobustoである。

 ちなみにこれは今年10月にやってくる私の誕生日プレゼントである。送り主は妻。だから最低でも10月までは彼女の物、火を着ける事は禁じられている。
 
– Partagas Lusitanias。
普段はぐっと小さいShortsというサイズを吸う事が多い。Partagasらしさが凝縮されたShortsは私の最も好きなcigarの一つだ。しかしもし、時間がたっぷりあり、予算も許すならばこのLusitaniasを選びたい。Double Coronaはやはりcigarの王道だと思う。その大きなサイズ故、なかなかその機会はやってこないが、ここ一番という時に楽しみたい。
 
 さて、奇しくも今回持ち帰った4箱は全て2006年の製造。共通点は見た目(ラッパーの色)が焦げ茶色とも呼べるほどに黒っぽい。’04の物は薄茶、’05年の物は赤いと感じたが…はて、’06は焦げ茶なのだろうか?それともたまたまだろうか…ま、旨ければ文句は無いが。

広告

コメントする »

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.
Entriesコメント feeds.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。